済生会熊本福祉センター:施設からのお知らせ

パン工房ふわり 夏のギフト始めました  (済生会ほほえみ)

2017年05月31日

済生会ほほえみ パン工房ふわりでは、夏のギフトの販売を始めます。

クッキー、パウンドケーキ、水出し珈琲の詰め合わせセットです。

利用者さんたちが、心を込めて手作りで作りました。この機会に是非ご利用ください!

お申し込みは、電話でもFAXでも構いません。お待ちしています!

 

申し込み用紙はこちら

 

H29夏ギフト写真

<ギフト内容>

オリジナルクッキー5個入り×4袋

オレンジパウンドケーキ 1本

水出し珈琲(1ℓ用) 1パック

“ふわりの日”を始めました!  (済生会かがやき)

2017年05月11日

熊本市南区近見の済生会熊本病院内で営業している「ベーカリーふわり」です。

今年度より、毎月最終木曜日(プレミアムフライデーの前日)は”ふわりの日”として、一部商品を100円で販売します。

とてもお買い得な日ですので、是非「ふわり」まで足をお運びください!

 

DSCN4575DSCN4578DSCN4586

4月 忘災月間の取り組み

2017年04月25日

熊本地震から1年を迎えるにあたり、済生会熊本福祉センターでは4月を「忘災月間」と名付けて様々な取り組みを行いました。あの「災」害を「忘」れないよう、日頃の備えの大切さを改めて認識し、皆で共有することが目的です。4つの取り組みについてご紹介します。

1つめは訓練。11日の19:00から職員間の情報伝達訓練、12日の11:30からは利用者も交えた避難訓練を行いました。

2つめは防災に関する講話と救急法レクチャー。11日に消防署から来所頂き、災害時の対応の仕方やAEDの使い方などを教えて頂きました。

3つめは非常食。13日の昼食はレトルトパックのご飯、豚汁、サンマの蒲焼、バナナというメニューでした。1年前はご飯と豆腐だけの日もあったので、食事の有難さを改めて実感しました。

最後はお礼のお手紙です。DCATの方々をはじめ、お世話になった皆様に御礼の言葉を利用者皆で書き綴りました。1年前を思い出すのは辛いことではありますが、災害に対して前向きに備えていくことが大切だと感じています。

忘災月間は今回だけで終わるのではなく、これからも毎年続けていきたいと思っています。

 

無題③避難訓練

④救急法レクチャー無題1

寄附を頂きました!  (済生会なでしこ園)

2017年04月25日

公益社団法人生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会(JAIFA:Japan Association of Insurance and Financial Advisors )熊本県協会より、済生会なでしこ園に寄附を頂きました。4月4日に当園で贈呈式が行われました。昨年の熊本地震で被災した児童福祉施設へのお見舞いとして、少しでも子ども達に喜んでもらえるようにと、園の要望の中から下記の品を頂いています。

早速使用させて頂き、新しい玩具に子どもたちみんな、目を輝かせながら遊んでいました。大切に使用させて頂きます。お心遣い感謝申し上げます。

 

・ポータブルDVDプレーヤー

・DVD作品集

・積み木ブロック

・絵本10冊セット

DSC08794

ネッツトヨタにパンを納品しています。  (済生会ほほえみ)

2017年04月04日

熊本市南区近見にあります、ネッツトヨタ中九州ネッツスクエア本店にて、毎週土曜日に来店のお客様へのサービス用として、パンの納品を行っております!

来店のお客様からは、「柔らかくて、とても美味しい!」「子供にも安心して食べさせられる。」と好評とのこと。なかには済生会熊本福祉センターのパンをご存知の方もおられ、話題が膨らんでいるようです。

ぜひ一度、土曜日に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

ネッツトヨタ中九州ネッツスクエア本店

熊本市南区近見7丁目8-41 TEL 096-356-2211

 

済生会ほほえみ パン工房ふわり  TEL 223-3428(内線115) FAX 223-3429

 

 

写真1写真2

写真3写真4

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 18

アーカイブ