済生会熊本福祉センター:施設からのお知らせ

平成28年度 第三者委員事業報告会が行われました。

2017年02月23日

平成29年2月21日(火)、済生会ほほえみ内の多目的ホールで「第三者委員事業報告会」が行われました。今年度の各事業所の事業報告、熊本地震報告等が各管理者より報告されました。

 

委員の皆様からは、済生会熊本福祉センターの取り組みや今後の課題などについて、貴重な意見や助言を頂きました。報告会後は食堂での会食へと移り、地域の話などで盛り上がりました。

 

報告会の内容は以下の通りです。

・福祉センター収支状況報告

・熊本地震報告

・各施設の事業報告

・質疑応答

 

DSCN3866 (800x600)DSCN3898 (800x600)

済生会かがやき 第三者評価を受審しました。

2017年02月22日

済生会かがやきでは、平成28年11月10日~11日に第三者評価を受審致しました。

これは、私たちの福祉サービスが適切に行われているか、質が確保されているかといった点を

第三者の機関に評価して頂くものです。

その結果がこのたび公表されましたので、お知らせ致します。

詳細は、当ホームページ「情報の開示について」、又は熊本県のホームページをご覧ください。

 

熊本県福祉サービス第三者評価受審認定証

福祉サービス第三者評価受審証明書

♪2月パン販売会のお知らせ♪

2017年02月22日

障がい者福祉施設販売会【ゆめタウン光の森】

 

日程:2月24日(金)~2月26日(日)

時間:9:30~19:00

場所:ゆめタウン光の森(1階イーストコート)

 

新商品の木の実パン、人気のクルミパンをはじめとするパン各種、新商品の茶和やかクッキーや

岳間茶マドレーヌ等の焼き菓子を販売します。

その他、木工・陶芸製品や花の苗、農産物、県内33の障がい者施設の製品が販売されます。

ご来場お待ちしております♪

 

済生会ほほえみ パン工房ふわり

秋のレクレーションに行って来ました   (済生会ウイズ)

2016年12月28日

ウイズでは毎年春・秋にレクレーション(社会見学旅行)を行っています。今年は天候にも恵まれ、大牟田市動物園と世界遺産の三池炭鉱宮原坑跡に行ってきました。今回は3名の利用者の方が実行委員として、職員と一緒に計画から参加し、当日の進行や人員確認、バスの中でのビンゴ大会やじゃんけん大会等、レクレーションをとにかく盛り上げようと一生懸命取り組まれました。大牟田市動物園では、班ごとに『ふれあいコーナー』のヒツジに恐る恐る餌をあげたり、ヤマアラシのハリの大きさに驚いたり、ライオン・ホワイトタイガー・カンガルーなど、様々な種類の動物を観たりして楽しまれていました。三池炭鉱ではガイドさんの説明や当時の写真を見ながら「すげー。」と感動の声を上げ、様々な角度から炭鉱の写真を撮る利用者の方が多く見られました。動物に触れて、世界遺産を観て、おいしい昼食を食べて、とても楽しい秋のレクレーションでした。

 

 

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%a7%8b%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e5%86%99%e7%9c%9f-1 %e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%a7%8b%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e5%86%99%e7%9c%9f-2

権利擁護・地域生活定着支援セミナー 開催されました  (定着支援センター)

2016年12月15日

12月10日(土)、大分市で「権利擁護・地域生活定着支援セミナー」が開催されました。

刑務所等から社会に復帰する人たち(刑余者)が直面する問題を、その人たちが社会で生活していく「権利」の面から考えようというもので、約180人が参加しました。

熊本市で刑務所出所者の自立を支援するNPO法人オリーブの家・青木理事長と熊本県地域生活定着支援センター・大久保センター長が「実践!矯正から共生へ」をテーマに対談。青木氏が自身の受刑生活をもとにオリーブの家を設立した経緯や、現在行っている刑余者への支援活動を紹介しました。

s-0q8a9993

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 16

アーカイブ